眼科医の目(白内障手術 緑内障診療の長崎市中村眼科)

inchou.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 07月 30日

梅雨明け宣言

 雨ばかりの梅雨が終わり 暑い日が続いていますがここ長崎でも 7月23日の日曜日の大雨を最後に夕立もない 晴れの天候となっています。今年の梅雨は豪雨の被害が各地であり 被災された方の気持ちを考えると胸が痛みます。しかし 地球環境の悪化にともない今後も 日本中ほぼ全域でこのようなことが ありうるのではないでしょうか?中国や東南アジアの過度の森林伐採や放牧 農地の荒地化で 気候の変動が大きくなり自然災害が起き易くなっていることが十分推測できるのに有効な手を打てていません。このことは 国際社会をコントロールできる新たな仕組を必要としているようにみえます。従来の2国間の交渉 国連を中心とした国家単位の集合体では このような問題に 有効な方策をみいだせなかったことからも たとえば専門分野のNGPやNPOに国連が権限を含めて外注するような新たな仕組みを早急に取り入れて実行してほしいものです。
 さて梅雨明け宣言です。当地の天気予報では7月24日以降はれの予報が並び 天気図上も真夏また実際そうなりました。しかし宣言がでたのは やっと26日 誰もが梅雨が終わり 真夏になっていると感じ 天気図上も明らかだった二日後になっています。後追いの梅雨明け宣言などに なにも価値はないと思います。梅雨明け予測をもっと取り入れ常に天気は未来を予測する姿勢を示すべきだと思います。マスコミも誰もが分かった後の後追いの梅雨明け宣言などをありがたくトップニュースにすることはイージー過ぎるのではないでしょうか。

by n-ganka | 2006-07-30 22:02 | 環境保全


<< 流れてきたのは流木だけか      うなぎとダ ヴィンチ >>