眼科医の目(白内障手術 緑内障診療の長崎市中村眼科)

inchou.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 13日

OCT(光干渉断層計)の検査とは?

医学用語はわかり難いと言っていて OCTと言っても一般には分からないと思いますので
解説しときます。

OCT(光干渉断層計)の検査とは?


この検査で分かることは  主に網膜の断面と視神経線維の厚みで 3D(立体画像)表示もできます。

 OCTは、眼の奥にある網膜を輪切りにした画像を撮影します。
網膜の黄斑部(ものを見る中心部)などの画像を撮ることで、加齢性黄斑変性や、糖尿病黄斑症、網膜静脈閉塞症、ぶどう膜炎などによる黄斑浮腫や出血の診断
・経過観察などに用いられます。また、網膜の視神経の厚みも測定できるため、
緑内障の診断や経過観察にも有用です。OCTは短時間で画像の測定と解析が
でき、患者様への負担も少なくてすみます。

海の様子を飛行機から見ても海中にどんな魚がいるのが海底は岩場なのか
砂場なのか 海草が生えているのか など分からないように 普通の眼底検査とOCT
検査の情報量は差があることがよくあります。
b0101661_23374991.jpg


by n-ganka | 2008-11-13 23:30
2008年 11月 10日

OCT検査機はすごみすら あり

眼科の検査機械は沢山あって 患者さん達には戸惑うことも多いと思っています。
作冬登場した スペクトラルドメインOCT(光干渉断層計)を中村眼科では今春より 使用していますが この機械瞬時にして目の中心を輪切りにして厚みや表面の様子を5ミクロンの解像度で描いて見せます。赤血球が7ミクロンですから細かさ細密さは 今までの常識を打ち破っていると言えます。今まで分かり難かった 近視がかなり強い方の病気の判定や進行度の判断など とても 重宝して 使用していて 時には感動することさえあります。視力低下の強い方 網膜の病気があると言われている方 などでも是非 使用して病気の有無を一緒に見てみましょう。その精密さにきっと 驚かれると思います。

by n-ganka | 2008-11-10 22:53 | 医療 眼科
2008年 11月 02日

医療用語はどこまで噛み砕けるのか?

 病院で使われる専門用語はたくさんあり 医療従事者ではない方には確かに分かりにくいものも多いと思います。国立国語研究所は 2007年より医師や言語研究者らで作る 「病院の言葉」委員会を設置して 医療用語の言い換えや説明の仕方を検討してきたとのことです。同研究所によれば納得のいく治療を受けたいのに難解な専門用語が壁になっているとしています。また患者の理解を促すのは医療機関の責任としているようです。私たち医師が一般の方に説明するときに使う言葉は 私たちとしては 専門用語と思っていない言葉を選んでいるつもりですが 患者サイドからは 専門用語と取られる言葉が少なからず入っているかと思います。
 医療用語を分かりやすくするための 言い換え例として 「予後」を「今後の病状の見通し」
「重篤」を「病状が非常に重いこと」 「浸潤」を「癌が回りに広がっていくこと」などの私たち医師が見て 適当と思うものから 中には「糖尿病」はあまいもののとり過ぎが原因という誤解がおおいとして「高血糖が慢性的に続く病気」と説明するよう求めるなど ?と思ってしまうものや 「ステロイド」を「炎症を抑えたり免疫を弱めたりする薬で、元は人間の体内で作られるホルモン」として 元来体内にあり過度に心配する必要はないとの説明が望ましいとするなど 一般の誤解や薬に関する啓蒙不足によるもので 広報活動により誤解を解いていったほうが有効ではないかと思われるものまであるようです。まだまだ沢山ありそうで 来年3月をめどに最終報告をまとめ それを冊子にして市販するそうですから 購入して参考にしたいと思います。 

by n-ganka | 2008-11-02 10:45 | 医療 眼科